スウェーデンハウス mjuk “私のまわりから愛そう”

私のまわりから愛そう mjuk ミューク|スウェーデンハウス

私のまわりから愛そう mjuk ミューク|スウェーデンハウス“スペシャルサイトが公開されました。

「ミューク」とは、スウェーデンと日本の暮らしを融合させて生まれた、日々の過ごし方の提案です。
スウェーデン人が尊重する「ちょうどよい(=Lagomラゴム)」という価値観をもとに、自分や家族にとって大切なものと向き合う 、5つの暮らしのエッセンスをご提案します。

“Fika フィーカ”
スウェーデン語で「お茶をする」を意味するフィーカ。 コーヒーを飲みながらの気分転換や、家族・友人とふれあう、スウェーデン人にとって欠かせない時間です。 ミュークではフィーカを自分の愛する「何か」と素顔で向き合う女性のための場所と考えました。 ものづくりを楽しんだり、家族や友人と趣味について語り合ったり。 自分を楽しみ、磨く場になります。

“Kolonilott コロニーロット”
コロニーロットは本来、市民農園を指す言葉。 ミュークでは「自然を身近に感じ、その恵みをいただく」時間を共有する家庭菜園と考えました。 サラダ菜やプチトマトなどの野菜やハーブを育て日々の食卓で味わう。ベリーを収穫し手作りジャムにする。 あるいは、その日いちばん可愛らしく咲いた花で食卓を飾る。 自然の営みと関わることで、人も自然の一部だと実感できます。

“Library ライブラリー”
読書をしたり、思い出の写真やものたちとふれあうライブラリー。 大切な本はもちろん、お子さんに読んでもらいたい本を置いたり、 おばあちゃんの編んだ手袋と新しい家族写真が並んでいたり、旅行の思い出の品々を手に取ることも。 穏やかな一人の時間を楽しむだけではなく、大切なものと出会い、積み重なる家族の歴史を共有する場所にもなります。

“Family Room ファミリールーム”
共にくつろぐことで、自然と絆が深まるファミリールーム。 リビングルームが時にお客さまを招く場であるのに対し、 こちらは家族だけでテレビや映画を楽しんだり、ソファやラグに寝転んだりと、思い思いに過ごす場です。 プライベートルームの近くに設けることで、家族をいつも身近に感じることも。 きっとお子さんが将来の夢を話すのも、自然に家族がふれあえるこの場所です。

“Living Room リビングルーム”
家族だけで過ごすファミリールームに対して、時にはお客さまと一緒に過ごす、パブリックな性格を持つリビングルーム。 友人や仕事仲間とのホームパーティーの場として、みんなが心地よく過ごせるように、おもてなしを楽しむ場所です。 ファブリックを季節が感じられる素材に変えてみたり、お洒落なティーセットを使ったり。 あなたらしいアイデアを活かせます。

mjukコンテンツの”Feel mjuk“では、4人のスウェーデン女性がどのような暮らし方をしているのか、写真やムービーで公開されています。
日々の生活に何か幸せになるヒントがあるかもしれません。是非ご覧になってください。

弊社WEB ArtDirectionを担当させて頂きました。

Leave a Comment